家族葬とはどんなお葬式?

家族葬とは、家族だけで故人を見送るごく小規模のお葬式のことです。
お葬式というと大きな会場に大きな段を設け、たくさんのお客さんが訪れるという印象があるかもしれません。費用も莫大な金額が必要になり、家族はとても忙しいという印象もあることでしょう。しかし家族葬という形態はこういった従来のお葬式の印象とは大きく異なったものです。簡単に「家族を含めた一部の縁者だけで見送るとても規模の小さいお葬式」と捉えてもよいかもしれません。最近では葬式費用に多額の費用をかけることやたくさんの人を呼ぶことを避け、こういった小規模のお葬式も多く行われています。
家族葬の何よりのメリットは費用を抑えることができるという面です。
大きな会場を借りてお葬式をすると、それだけ準備にお金がかかります。しかし家族葬では故人を見送る人数がとても少ないです。式場を借りるとしても小さなお座敷を借りるだけで済みますし、自宅の仏間で執り行うことも可能です。結果的に費用を抑えることができます。