葬儀の際の連絡について。

故人が亡くなった場合には葬儀を行う必要があります。葬儀に参加してくれる人にはできるだけ早期に連絡した方が良いです。というのも、参加者の都合の調整があるからです。この場合に、シンプルに連絡を行う必要がありますので、必要な事を端的にそして正確に伝える必要があります。参加してもらう人に連絡する事は、故人の名前・故人が亡くなった日時・連絡先・当該儀式が行われる日時や場所等を知らせる必要があります。また、家族葬や密葬等の場合には、故人の関係者に故人が亡くなった事だけを伝えます。この場合の連絡方法は電話が主流です。また、当該儀式に参加してもらう人に連絡する場合、電話だけだと思い違いや聞き間違いがある場合があるので出来る限りFAXで先に言いました連絡事項を送信した方が良いです。その場合に遠方の方の為に簡単な地図を記載すると良いです。これらの連絡はできるだけ連絡する人の生活リズムを崩さない時間帯にした方が良いです。