葬儀の式場の種類と選び方

葬儀の式場には、様々な種類がありそれぞれ特徴が異なるため、比較検討して後悔しない選び方をすることが大切です。
まず、各自治体などが所有する公的な施設の公営式場は、費用はそれほどかからないですが、基本的には地域の住民でないと利用できない場合が多いです。
そして、特定の葬儀社が運営する民営式場は、立地や設備などで有利な場合が多いですが、他社の葬儀社を利用することは不可能です。
それから、葬祭会館として利用できる集合施設が自治体や地域にあれば、その場所を借りることができ、公民館や自治会館などが多くの場合利用されています。
さらに自宅での葬儀は、あたたかく見送る場所としてふさわしく、費用がかからずに落ち着いた気持ちで準備をすることができます。
葬儀の式場の選び方として、大勢の参列者が予測できる場合は、立地や交通の便などを考慮する必要があるので、民営を利用するのが望ましいです。
また、予算を抑えることを優先する場合は、規模を小さくして公営もしくは地域の施設を利用するほうがよいです。
さらに、自由な形式で行いたいときは、対応力が高い民営の式場が適しています。