葬儀は慌ただしい

生きていれば避けられないことはいろいろありますが、肉親の葬儀もその一つです。持病があったり、癌の再発などの症状があればある程度の心の準備も葬儀の準備もできますが、現実は、準備もまったくしていない状態での葬儀になるケースがとても多いです。とにかく無事に終わらせないとという気持ちで、葬儀会社や内容を吟味しないできめてしまったり、セレモニーも段取りを無事に終えることばかりに一生懸命になってしまって、無事に終わってから数日してから、改めて悲しい気持ちがわき起こってきたリ、本当に故人の希望に添えたものだったのかと後悔する気持ちがおこったりします。これは特別なことではなくて、よくあるケースです。
ただ、本当は、だれでもが自分の葬儀のことを家族に伝えておくことが実は大事なことです。とくにだれに知らせてほしいのかや、お墓のことはのこされたものが困らないように事前に知らせておくというのも、家族のことを考えておくと、やっておいたほうがいいです。