葬儀の選択肢は広がっている

葬儀というと通夜、葬儀・告別式を二日にわたって行う流れがかつては一般的でした。
昔は自宅で行われることも多く、知人・友人、親族、ご近所さんなど広い範囲の人が参列に訪れることも一般的でした。

しかし、今は核家族化や少子高齢化といった社会形態の変化もあり、自宅で大々的に葬儀を行う人は少なくなっています。高齢の一人暮らしや、晩年は施設で生活していたという人も多いため、晩年あまり周囲との親交が無かったことからこじんまりと家族のみで行われる家族葬の割合も年々増えています。

また、冠婚葬祭全般的に派手に行いたくないという人も増えたため、家族葬や葬儀と火葬のみを1日で行う一日葬、火葬のみを行う直葬など、故人と家族の生活スタイルや考え方から様々な選択肢を取れるようになっています。
地域によっては古くからの風習が根付いている地域もまだ残ってはいるものの、現在では日本中で一般葬から家族葬、一日葬、直葬といった様々な葬儀が行われています。